So-net無料ブログ作成

ファンライド八ヶ岳:本番当日 [日記]

遠くで携帯の目覚ましの音が聞こえ、ぼんやりと意識が戻る中で時間を見ると、

午前4時25分。

ファンライド八ヶ岳、当日の朝が来ました。

しかし、いつもの習慣では、朝シャワー。

こんなわがまま聞いてくれ、、、、、たんです。

っていうか、お風呂24時間入浴可なり、なんです、この宿。

宿の名前は、、、

伊予ロッジ

良い宿です。

さて、シャワーを浴び、、ではなく、お風呂に入り、身支度開始。

そして、午前5時15分から朝食。

って、そんな時間にご飯をちゃんと用意してくれました。

ほんとに、ちゃんと、です。

素晴らし過ぎるぜ、この宿は!

なんか、幸先良い感じです。

って事で、ここからバイクに乗ってスタート地点に向かいますが、ここからすでに上りっぱなし。

これはちょうど良いウォーミングアップっと思ったのですが、スタート地点に着くと、長蛇の列だし、スタートは午前7時からだし。

逆に体が冷えちゃう。

そうです、この時点で気温は、10℃。

東京なら、12月くらいでしょうかね、寒い寒い。

ちなみにこんな感じで、スタート待ち状態。
画像 1227.jpg

ほぼ、談笑状態。

そして、待つこと1時間、むこーの方で、何か始まった模様。

ついに、スタートしたようです。

少しすると、

お、列が進み始めました。

そして、数百メートル進んで、スターと地点が近づきます。

どきどき、どきどき。。。

ついにスタートラインに。

そして、スターーーート!

っと言っても、レースじゃないので、

「いってきまーす!」

なんて、言ったりして。

兎にも角にも、スタートしました。

まずは目指すは、エイド1

そこまでは、強烈なダウンヒル。

ひとこと、、、寒いいいいいーーーー。

スピードも安全マージン取って、50km/h強程度で走りますが、その横をものすごいスピードで抜いていく後続部隊の方々。

下りで稼ぎたいのかな、それとも生粋のダウンヒラーかな。

相当長い間、坂を下り(って事は、あとでその分上るって事)、平地基調になってから、基本、前のペースに合わせつつ、ペダルを踏み始めます。

膝は、、、痛みを感じるときもあるものの、走行に大きな支障は無さそう。よしよし。

徐々にペースを上げ、遅い方を少しずつパスして前に進みます。

そしてエイド1到着。

しかし、ここで前を走っているメンバーを探すも、見つからず。

”たぶん最初は補給は不要なので先に行ったんだな”っと思い、エイド2を目指します。

しかしエイド2ではサークルの面々は、後から到着。

聞けば、エイド1でちゃんと補給していたそう。
申し訳ない!

エイド2では、そばとレタスを頂きます。

葉物は今高価なので、2つもらい、ひとつはそばに入れちゃいました。
画像 1229.jpg


レタスそば^^;

さて、一息ついて、再スタート。

全員でエイド3を目指します。

まだまだ、下り基調ながら、軽い上りも入ってきて、体も温まり、少しずつスイッチが入っていくのが分かります。

気分は、、、、”楽しい!”

そして、エイド3到着。

出発時は、雲が多くてちょっと残念な感じでしたが、この辺りではだいぶ雲が切れ、ここからは南アルプス連峰も顔を覗かせます。

こんな感じ。
画像 1230.jpg

ここでりんごを頂き、エイド4に向かいますが、ここから先、少し下りた後は、当面上りっぱなしになります。

って事で、さあ気持ちスイッチオンにしましょう。

エイド4までの道、気持ち良い上りが始まります。

ここはアウター縛りで^^;

上りきって、エイド4到着。
画像 1234.jpg

エイド4は”おいしい学校” という、施設を使っています。

ここでは、トウモロコシとぎりぎりメープルパンにありつけましたが、メープルパンは美味しかった!(あまりの美味しさに一口食べた後一気食いで写真なし。)

さてここから先、エイド5までが今回の中で一番の急坂(劇坂?)区間。

先を見ると、
画像 1235.jpg

この峠を登って超えていくことになります。ワクワク。

さあ出発。

スタート直後は田んぼのあぜ道を進み、一般道に出てから一気にのぼりが始まります。

みなし5%程度の上りスタート。

当然フロントは速攻インナーへ。

先を走る、健脚Sさんは、すごいスピードで走り去っていきました。

その後を、心拍170bpm程度を維持して、クランクを回します。

このペースいい感じ。

峠を走ってこんな気持ちいいなんて、言うことなしです。

なんて状況ですが、周りを見るとバイクを押して歩いている方がちらほら。

坂を走りなれていないと、ちょっときついのかな。

私はといえば、膝の痛みの影響もなく、すこぶる快調。

ぶっちゃけ、ごぼう抜き状態です^^;

そもそもペース的には既に早い方はとっくに走り去った後ではありますが、抜かれたのは1人、後は何人抜いたか分からない状態。

ヤビツや尾根幹で練習しているときには絶対にありえないことで、なんか妙な気分です。

最大の難所、最大斜度が13%を含む3kmの急坂(劇坂っではないですね。)区間の海岸寺周辺も10km/hを切ることなく、走りと押せてます。

リアも24tまでしか使わないで済んでいます。



楽しい、実に楽しいです。

上りきって、平坦基調になっても、フロントをアウターに入れ、くるくる回していい感じでなしっていると、エイド5に到着。

やってきた道を見ると、
画像 1237.jpg

あの峠のどこかを越えてきたのかな?

とても気持ちよかった峠走りでした。

ヤビツ錬の成果が出たかな。

さて、ここからはもう急坂はありません。

っと言うことは、モード的には、緩斜面高速走ですね。

尾根幹錬の成果が試されます。

さて、後続のメンバーを待って、出発。エイド6を目指します。

ここからはサークルのAさんが前に出て、私が後ろで走りましたが、この方も速い。

付いていくのがもう一杯一杯。

なんとか、付き切れせずにエイド6について、バナナとお水を頂きます。

メンバー全員がそろっての移動を繰り返していたので、到着が遅めになり、エイドステーションにメインの補給食が残っていません。

やばい、炭水化物枯渇ですね。

さて、時間がぼちぼちやばいので、私も含めた、先に着いたメンバーは次のエイド7に向かいます。

エイド7は、まきばレストラン。

エイドステーションとは別に、食べ物はふんだんにあるはず。

それを楽しみに走りますが、ここも中過ぎまでは上りっぱなし。

ここら辺りで、さすがに足がたれてきました。

前を走るAさんに付いていくのがかなりしんどい。

非常に先行き不安な雰囲気。。

兎にも角にも、エイド7に着き、ここで鳥のから揚げ、大判焼き、ミルクセーキで補給し、おにぎりが待っているはず、っと言うエイド8に直行。

実は、エイド8からゴールまでの18kmはほぼ登りっぱなしらしく、その斜度によっては、全員DNFになりかねない状況であることが判明。

なので、速攻でエイド8まで行って、おにぎりゲットして、ゴールを目指す必要が出てきちゃいました。

幸い、エイド7からエイド8までは、基本下りって事で、一気に加速しており始めますが、何のことはない、最初しばらくはアップダウンの繰り返し。

ところがいったん火がつけばそうは簡単にはペースを落とせず、下りはビビリの私でももちろん60km/h程度で走りますが、上りでみなし3%ある部分も、目一杯踏み込んで40km/h程度で、私としてはかなりかっ飛んでいったのですが、ここで、、、

右足はハムストリングが軽く痙攣を始めちゃいました。

やばい、足攣りの兆候です。

ここでいったんペースを落とし、後ろについてたSさんに先に行ってもらい、マイペースで走り出して、なんとか事なきを得て、エイド8に到着。

いかん、上りを18km残して、ヘロヘロ。

しかしここでおにぎりを食べれば、、、、

あ、既に売り切れ、在庫なし、ですと!

いかん状況。

仕方ないので、まだ残っていた、バナナ(バナナだけはどこのエイドステーションでもふんだんにありました。)とカントリーマームを頂き、後は手持ちのエナジージェルとBCAAをチャージして、先に着いていたみんなと一気にゴールを目指します。

そして走り始めて、1kmほどで、かるーく上りになった時点で、みんなについていかない状況にあり、そして、ついに右足内転勤が攣ってしまいました。

そこで、ストレッチ。

一休みして、ちょっとペースを落として走りますが、道が林道になってきたところで、勾配が急になってきて、そこをだましながら、走っていたのですが、次は、、、

右足ハムストリングが攣ってしまいました。

これは、まったくNGです。

休憩、ストレッチを入れますが、回復せず。

英断です。

少し歩くことに。

その距離200mほどでしょうか。

斜度がゆるくなったので、ギアをインナーローにいれ、再出発。

何とか進みますが、道が3%ほどのユルユル坂にも関わらず、15~20km/hで走るのが目一杯。

それでも前に進めればと、がんばって患部に力が行かないようにして走りますが、再度若干の急坂区間に。

そこを時速10km/h程度というスローペースで走りますが、ついに大腿四頭筋が激しく、攣ってしまい、自転車からもしばらく降りられない状況。

もう、気持ちはゴールしたいって事で、仕方ないので、ここもバイクを押して歩きます。z

その距離300mほどでしたでしょうか。

残念。

そして、その後はかなりゆるーいペースで走り、、、、

何とかゴール!

感動、というには程遠く、DNFにならなくて良かったという気持ちで一杯。

結果、100kmまでは超快適、最後16kmは地獄を見た感じでした。

さて、まだゴールしていない、メンバーを待ちますが、既にタイムリミット一杯。

これは無理かと諦めかけた残り2分、なんと残っていた2名がやってきました!時間内完走達成!

やったあ、メンバー全員時間内完走でした!

さて、休憩もそこそこに寒くなってきたので、宿に戻って、、、

お風呂です。

実は、出発前に帰還後、お風呂に入れてもらえないか頼んだところ、快くOKを頂けていたんです。

伊予ロッジ、さいこーです。

っと言うことで、お風呂でゆっくり体を温め、宿で解散も、お腹がすいたので、みんなで双葉SAで食事をして帰ろうということになって出発しましたが、高速入り口の掲示板を見ると、

火事により、相模湖-八王子通行止

ありえない。。。

とりあえず、みんなで双葉SAまで行き、夕ご飯を食べて、道路の状況を確認すると、通行止は解除されているものの、その影響で、相模湖ー大月間が15km渋滞との事。

ジタバタしても始まらないので、そのまま渋滞の中に飲まれて、帰宅。

それでも午後11時には家について、楽しく激しい2日間が終了。

いやあ、大満足でした。

そして、今回のイベントを走ってみて、いろんなことが分かりました。

それは、、、

グランフォンドを走り終えて:考察的内容

に、続く^^;


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 4

アッキー

お疲れ様でした(^-^)/

100kmまでは気持ちよく走れたとのこと日頃の練習の成果がでましたね!
最後の16kmはメッチャしんどかったですよ~( ̄▽ ̄;)
しかも清里駅からゴールまでの坂が朝とはだいぶ違ってみえました。

ちょっと休んでいる時間が多かったので足に疲労がたまりやすかったかもです。
今回、kineboさんの堅実な走りを見て練習熱心さを見習わないとと思いました(^^;

また一緒に走りましょうね(^-^)/
by アッキー (2011-10-04 07:41) 

Kinebo

アッキーさん、
コメントありがとうございます。

お疲れさまでした&楽しかったですね。

しかしエイド6,7でアッキーさんの後をストーカーしようとしましたが、早くて大変。
まだまだ修行が足りません。

今度はアッキーさんのテリトリー?、奥多摩の方も走ってみたいです。
出来ればご一緒に!


by Kinebo (2011-10-04 13:25) 

サントリ

いやー、お疲れさまでした。
お仲間がいらしてうらやましい。楽しくいい思い出ですね。
協力的いい宿ですばらしい。

こういうブログコメント入れるの初めてなんですが・・・。w
by サントリ (2011-10-05 22:05) 

Kinebo

>サントリさん

コメントありがとうございます!
ほんと、何度も何度も言っちゃいますが、楽しかったですう。

サントリさんも、峠嫌いじゃないですよね?

良かったら来年参加されては?

もし不安があるようでしたら、ご一緒させていただいても良いですよ。

まあ、まだ1年先の話のなので。。。
その気がおありならまた受付時期に。(5月頃?)

by Kinebo (2011-10-06 02:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます